MENU

ソミナー

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

ソミナーは、有用根本にドキシラミン(コハク酸塩分ドキシラミン)を配合した短期間行為形状に分類される睡眠薬で、静粛行為を併せ持つ抗ヒスタミン薬でもあります。

 

流感や花粉症などのアレルギーの諸事態を緩和する効力も併せ持つ箇所から、鼻詰りなどで寝つきが悪い人間などに全然効果的な睡眠薬だ。

 

ソミナーは、タイもかねてから貫く製薬団体Charoen Bhaesaj Lab Coオフィスから販売されている医薬品で、安心してリーダーが使用できる高品質な医薬品のプロデュース売買にかけています。

 

ソミナーは、元々は抗ヒスタミン薬としてアレルギーを抑えたり流感薬などに配合されていたのですが、副作用としての眠気に注目され快眠上達薬として処方もされるようになりました。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

ヒスタミンが受容健康って結び付く事で、脳を覚醒させて仕舞う効果がありますが、ドキシラミンがヒスタミンって受容健康を結びつかないようにする行為を持つ結果、脳が普通状態で眠りにつけるように呼びかけます。

 

共に、花粉症などのアレルギー事態を押さえつける事で、くしゃみ、鼻水、鼻詰りなどの諸事態を緩和し、人肌の痒みなども切り詰められます。

 

また、海外ではビタミンと合わせてつわりの吐き気フィナーレや、鎮痛薬と合わせて懸念形状頭痛のお薬として処方変わる場合もあります。

 

催眠効力として、極上血中濃度(効力の佳境)まで到達する時間は約2日にちとして、血中濃度半減期(健康から薬剤が半数抜き出せるまで)は6日にち~12日にちって、個人差があります。

 

USAFDA(日本の厚生労働省にあたる)の快眠上達薬としての奨励キャパシティとしては、ドキシラミン6.25mg~25mgとなっています。

 

その為、ソミナーには1錠頃25mg化合していますので、効能が強すぎる人間はピルカッターなどで半数に割って飲用頂いたり、音量を調整してください。

 

ソミナーの副作用

・口のカサカサ
・実践乱雑
・排尿バリヤ
・眠気
・不整脈
・心悸亢進
・発作など

 

※異常な事態が現れた案件、早速ドクターの来院を受けましょう。

 

ソミナーのポイント

・使い方キャパを必ず守りましょう。
睡眠薬はふさわしい知識を持って、規則正しい使い方で服用しましょう。

 

・入眠直前に服用しましょう。
ソミナーを服用する際は、きっちり布団に入る直前に服用しましょう。

 

効果が出るまでに多少の時間があるからと、寝入る直前にソミナー服用しなかった案件、記憶が無いときの通り、身寄りという話しをしていたなど、中途覚醒が現れることがありますので、注意が必要です。

 

・妊娠内または授乳内の人間の飲用厳禁。
妊娠内の人間や授乳内の人間の飲用はしてはいけません。服用しないようにしましょう。

 

ソミナーの詳細はこちらから

 

睡眠薬ランキングはこちら

このページの先頭へ